アルコールで全身が赤くなる原因と対策!強い弱いはなぜ?ガンは危険!

飲み会は人との付き合いの場においてきってもきれない関係ですよね?

私自身も飲むのはかなりの幸せな行為の一つですが

アルコールを飲んでは赤くなります!

私自身はあまり気にしたことがなかったんですが

赤くなることを恥ずかしく思う人も多いみたいです。

ふと気になって調べてみたら

赤くなることはあまりよくない現象であることがわかりました。

しっかりと知識を得て飲むときは気を付けていくのが賢明だと思います。

健康のために良かったらぜひ読んでみてください。

 Sponsored Links

アルコールを飲んで赤くなる原因は?

63d5e3f06190b04a662faa559a564eb2_sアルコールを飲んで赤くなる原因は結論から言うとアセトアルデヒドです。

聞いたことがある人も多いんではないでしょうか?

二日酔いの原因と同じ物質であり毒性を持っています。

アルコールを摂取すると体の中で分解されるんですが

その途中の過程にあるのがアセトアルデヒドです。

分解の順番は

アルコール→アセトアルデヒド→酢酸→二酸化炭素と水

に分解されます。

この分解の途中過程にあるアセトアルデヒドが体を赤くする原因である。

ちなみにアセトアルデヒドは毒性をもってるので他にも様々な症状を引き起こします。

頭痛やめまい 眠気に発汗 脈が速くなってドキドキしたり体が赤くなって
頬や耳たぶが熱くなるのもアセトアルデヒドの仕業です。

赤くなる原因はアセトアルデヒドである事がわかりました。

でも、赤くなりやすい人と全然ならない人がいます。

この違いは何なんでしょうか?

 Sponsored Links

赤くなる人は遺伝で決まってる!ガンにはきをつけて!

653424赤くなる人とならない人の主な違いはアセドアルデヒドを分解する

アセドアルデヒド脱水酵素(ALDH)があります。

アセトアルデヒド脱水酵素は3種類あって

ALDH1 ALDH2 ALDH3に分けられます。

1と3の働きは個人差があまりないんですが

ALDH2は遺伝による差があります。

つまりALDH2の働きがよい人ほど赤くなりにくいようです。

このALDH2も大きく分けると3つの型に分かれます。

活性型 不活性型 失活型です。

活性型はいわゆるお酒に強く全然顔が赤くならない。

不活性型はお酒には弱いが飲むことができる人である。

失活型は少量のお酒でも気分が悪くなったり眠くななる人でアルコール分解が苦手

日本人は活性型が50パーセント 不活性型が40パーセント 失活型が10パーセント

の割合みたいです。

ちなみに黒人や白人はほぼ100パーセント活性型です。

そういう意味では日本人はお酒に弱い民族でもあるようです。

飲み会の席などでは失活型の人もいますし
無理強いさせることのないように気をつけましょう。

 

ちなみに長い間アセトアルデヒドが体内にあると

いろんな病気のリスクが高まります。

 

活性型の方はリスクが低く失活型はリスクが高まります。

咽頭がんや食道がんが特に危険

食道がんはとくに危険で飲む人は飲まない人に比べて2倍以上高くなり

一日当たり2号以上飲む人は約5倍も高くなります。

赤くなりやすい人がヘビースモーカーな場合では
リスクが190倍になるデータもあるそうです。

また赤くなりやすい人は高血圧になりやすく

心臓病や脳卒中のリスクも高まるので

自分のタイプを把握して対策を考えるのが良いと思います。

自分のタイプを把握してしっかりと対策を練ろう!

adf98c1bf5bb98223a84747cc39f714b_sアルコールの分解は個人差があることがわかりました。

そしてアルコール分解が苦手な人ほど病気のリスクが高まることもわかりました。

自分がどの程度アルコールに強いのかを見分けるテストがあります。

自宅でもできる簡単なテストなのでぜひ試してみてください。

まずガーゼ付きの絆創膏のガーゼ部分に消毒用のアルコールをつける。

そして皮膚のやわらかいひじ関節や脇の部分などに貼る

7分たったらはがす!

はがして10分間経過を確認する。

1 はがしてすぐに肌が赤くなる人は失活型

2 10分間の間に肌が赤くなる人は不活性型

3 肌の色に変化なしの人は活性型です。

自分のタイプがわかったでしょうか?

タイプに応じた対策を紹介します。

失活型

本当にアルコールには気をつけて下さい。

お酒は飲む習慣をつけると多少強くなるのでそれを信じて飲み続けようと
チャレンジする人もいると思いますが病気のリスクが高まりますし
まず自分が飲んで楽しいとは思えないと思います。

またお酒の席ではお酒をすすめてくる人も多いので
断固として拒否してください。
最もお酒をのむと危険な部類です。
急性アルコール中毒にもなりやすいので気をつけて下さい。

また周りの方も日本人には10パーセントの割合で
失活型の人がいることを意識してください。
強引にすすめている人にもできれば注意しましょう。

不活性型

個人差が分かれるとこです。
ただ自分の上限を超えると頭痛吐き気などが起こります。

これは自分の上限を超えているということなので最低でも
症状がでる気持ちの良いレベルで止めてください。

目標としては飲酒を飲む量を減らしてください。

多少お酒を飲むと耐性が出来て強くなったと錯覚しがちですが
基本的にはアルコールが苦手な部類です。

活性型

アルコールで直接的にダメージを受けることは稀ですが
お酒をたくさん飲むのが習慣化しやすく
アルコール依存症の危険が高いです。

飲まない日を作ったり普段からの多量飲酒はひかえましょう。

自分のタイプ別に対策を考えてください。

また何かの時にサプリメントを常備しているとより安全です。

健康のためにも飲み会前後はサプリメントをとってみるのも良いかもですね。

今回はアルコールの強い味方ウコンサプリの紹介です。

コスパも良くダイエット効果アンチエイジング効果
肝機能を高めてアルコール分解に役立つウコンをぜひお試しください。

ビタミンCも入っているのでお肌にも強い味方ですよ!

アセトアルデヒドをできるだけ早く分解できるかが
赤くなるならないの差であるようです。

最後に飲み会前後に飲んでおくと良いドリンクの紹介です。
よかったら読んでみてください。

二日酔いに効く飲み物ドリンク6選!予防法と対策で楽しい飲み会!

 Sponsored Links