クリスマスの由来や起源は?キリストの誕生日ではない?なぜ日本でクリスマス?

12月25日クリスマス

日本国民ならほとんどの方が知ってるではないでしょうか?

では元々は何の日かは知ってるでしょうか?

「イエス・キリストの誕生日」

多くの方がそう思ってるんではないでしょうか?

答えは半分正解で半分は間違っています。

今回はクリスマス由来
なぜ日本に伝わったのか?について紹介したいと思います。

 Sponsored Links

クリスマスの由来!

イエス・キリストがec22b10a1ed66fbee9814447a41bc4ad_s
誕生した日については
いろんな説がありますが
現段階では解明できていないです。

じゃあなぜ多くの方がキリストの誕生日と勘違いしてるかと言うと

この日を
「キリストの降誕祭」
としているからです。

キリストが誕生した事を祝う日が
キリストの誕生日という勘違いを生んだと考えられます。

つまり誕生日ではなく降誕祭だったのです。

なんかもう疑問が解決しそうですが

クリスマスがキリストの降誕祭になったのには深い理由があります。

その答えを紐解いていきましょう。

 Sponsored Links

クリスマスがキリストの降誕祭になった理由!

古代ローマの時代にc8d0e291a0b8590422c7c4d8d4ab2e66_s

ミトラ教というものがありました。

ミトラ教の神をミトラスと言い

太陽神として崇拝していました。

そして冬至である12月25日
太陽神を祭る日として祝っていました。

冬至は太陽が出るのが一番短い日です。

この日を境に日照時間が長くなるので

太陽神の復活として祝っていました。

この頃のローマではミトラ教は大変力がありました。

ところがイエス・キリストが亡くなった後に

ローマ帝国はキリスト教を取り入れしかも国教とします。

ミトラ教の長い歴史の中で根付いた慣習などを無視すれば

国民との間に亀裂や対立を生んでしまいます。

そこでミトラ教が12月25日に行っていた
太陽神を祭る日を取り入れることにします。

つまり異教徒の方たちの反感を買わないように
自然とキリスト教を広めようとしたわけです。

イエス・キリストは「正義の太陽」「世の光」と呼ばれていた事から
太陽神を信じるミトラ教の方にも
受け入れられていったのではないかと考えられます。

元々はミトラ教の祝い事だったクリスマスの日に
ミトラ教の方たちの反感を買わないように
イエス・キリストを祝う日に変化させていったのです。

クリスマス語源はラテン語の「クリストゥス・ミサ」の略語で

Christ(キリスト)+mas(礼拝)を意味しています。

その名の通りキリストを祝う日という意味があります。

なぜ日本でクリスマス?

クリスマスがキリストの誕生を祝う日で438ac55bcffa74870f1bbed2e45108a0_s
キリスト教をわだかまりなく普及させるために
クリスマスのイベントが
できた事がわかりました。

じゃあなぜ仏教や無宗教の考えが強い日本
クリスマス つまりキリスト教のイベントが
広がったのでしょうか?

それは今から約500年前1552年山口県
宣教師フランシスコ・ザビエルが信者を集めて
ミサ(カトリック教会で行われる祭儀)を行ったのが最初と言われています。

しかし、1617年に幕府が海外に侵略されるとの思いから
キリスト教禁止令をだして明治時代のキリシタン放還令が出るまで
表立ったミサは禁止されていました。

明治37年に銀座で「明治屋」
クリスマスツリーを店頭に飾った事が大きな話題を呼び
それがきっかけでクリスマス商戦が始まります。

第二次世界大戦によってクリスマスがまた低迷しますが
終戦後デパートなどを中心にクリスマス商戦が活気を取り戻し

サンタクロースやクリスマスの曲 クリスマス関連の商品で
徐々に一般的国民の間にも広がっていきます。

そして、昭和になると完全にクリスマスが年中行事として日本に定着します。

元々はクリスマスはキリストの降誕祭ですが
日本では商業的面で受けたのでキリスト教のイベントが定着しました。

キリスト教のイベントですがキリストの教会では
信者じゃなくでもミサに参加する事ができます。

宗教だけじゃなく皆で楽しい時間が過ごせればよいとの考えからです。

なので宗教とか関係なくクリスマスを楽しんで過ごしてください。

 Sponsored Links