七夕の由来や意味は?短冊に願い事を書くようになったのは人間の強欲?

毎年7月7日は七夕です。

現在では彦星織姫の話や
短冊に願い事を書くのが一般的になっています。

彦星と織姫の話は恋愛が主にとりあげられますが
本意は違うことを伝えています。

短冊に願いを書くのも時代と共に変化していきました。

由来や意味を知って新たな思いで
七夕を迎えてみてはどうでしょうか?

 Sponsored Links

七夕は当て字!七夕の由来や意味は?

七夕の本来の意味は7月7日の夕方という意味です。433760

そして、読み方も「しちせき」と読んでいました。

そして、その時期に日本ではお盆前の清めの風習がありました。

先祖の霊を迎えるために清めをしていたんですね。

その清めの儀式に選ばれた乙女たちが
水辺の機屋にこもり機を織り穢れを祓う
行事が行われていました。

この行事は水の上に棚をおいて機を織る事から
「棚機(たなばた)」といい

機を織る選ばれた乙女を「棚機女(たなばたつめ)」と呼びました。

七夕(しちせき)を(たなばた)と呼ぶようになったのは
棚機からきています。

彦星と織姫の物語(七夕物語)は有名ですよね?
あの話はもともと中国から伝来した話です。

夏の大三角形で知られるベガとアルタイルとデネブ

中国ではベガを織女(しゅくじょ)アルタイルを牽牛(けんぎゅう)デネブをカササギ
として織女と牽牛の物語があります。

織女星は裁縫を司る星牽牛星は農業を司る星としています。

冊子の言い方はもう気づいてると思いますが
これが日本で言われる七夕物語の元になっています。

簡単に七夕物語を簡単に説明すると

 

昔々織姫という女の子がいました。

織姫は年ごろで大変裁縫がうまく
織姫の作る洋服は大変出来が良いです。

しかし仕事に没頭するあまり結婚をしてなかったので織姫の父がみかねてある天帝が婿探しをします。

そして天帝は隣の国に彦星という
働き者の牛使いを見つけてきます。

二人は出会い二人とも一目ぼれで見事二人は結婚します。

ところが結婚してから二人は一緒にいるのが楽しくてまったく仕事をしなくなってしまいます。

それを見かねた天帝は天の川を挟んで二人を別々にしてしまいます。

しかし、今度は織姫が悲しさのあまり毎晩泣いて仕事をしなくなったので
それを見かねた父が一生懸命仕事をすれば年に一度7月7日にカササギが天の川の橋渡しをして会えるようにしました。

そして二人は年に一度会うために

一生懸命働いたいうことです。

 

詳しく知りたい方はコチラから

このような事から現在知られている七夕物語は
ロマンチックな意味合いが強いですが

本当は遊んでばっかりいないで働きなさいという
教訓的な話であることがわかります。

中国では7月7日に「乞巧奠(きこうでん)」という行事がある。

これは織女星で裁縫の星に裁縫の上達の願う行事である。

この時期になると女たちは7本の針の穴に色とりどり糸を通し
捧げものを庭において裁縫の上達を願ったそうです。

つまり乞巧奠が中国から伝来し七夕物語も知られ
同時期に日本では棚機をおこなっており
裁縫の上達を願う行事が棚機と似ていることから
7月7日である七夕(しちせき)を(たなばた)と
呼ぶようになったのです。

完全に当て字だったんですね!

 Sponsored Links

なぜ短冊に願い事をかくのか?その経緯は?

現代の七夕では短冊に願い事をするのが一般的です。72e689a8d745671bc2681001cda7dcad_s

ではなぜ短冊に願い事をするようになったのでしょうか?

これは先ほども話した「乞巧奠(きこうでん)」が関係してます。

乞巧奠が奈良時代に遣唐使によって日本に伝わり
宮中行事として取り入られます。

本来は裁縫の上達を願うものですが

宮中では詩歌や裁縫の上達を願い梶(かじ)の葉に和歌を書き祀っていたそうです。

江戸時代になり
寺子屋で学ぶ人や手習いごとをする人が増え
一般の人にも七夕物語が伝わります。

星に習字や勉学の上達を願うようになります。

裁縫の上達が本来の意味であったものが
徐々にいろんな上達に変化してますね。

そして現代になり今では願い事であればなんでもという感じになっています。

達を願っていたので本当はなんでもってよりは夢や上達など
コツコツと努力して叶えるものが良いかもですね。

時代の変化により徐々に変わってきていることがわかりました。

短冊の色には意味あるの?

短冊に願い事を書くときみなさんは何に書くでしょうか?edc7a4d26ef9c420284b943399c00f40_s

一般的には折り紙が一般的ではないでしょうか?
でも実は折り紙になるまでの由来もあります。

そして今では好きな色の折り紙に願い事を書いてると思いますが
色にも意味があるそうです。

七夕は元々裁縫の上達を願うものでした。

なので最初は5色の糸を吊るしていました。

この5色が短冊の色の意味になるので
少し待ってくださいね。

それが後に布に変わります。

そして習字の上達を願うようになった江戸時代に
紙に変化しました。

先ほど5色の糸が短冊の色の意味に関係してると話しましたが
この5色の考え方は中国の「陰陽五行説」から来ています。

陰陽五行説とは「木 火 土 金 水」の5つの要素が
この世のすべての根源とする説でそれぞれに色や意味があります。

色は「木=青(緑) 火=赤 土=黄 金=白 水=黒」です。

意味としては人間が道を踏み外さず生きていくための意味として
五徳である「仁 礼 信 義 智」があります。

もう少し詳しく見ていくと

青=東=木=仁:徳を積む・人間力を高める
赤=南=火=礼:父母や祖先への感謝の気持ち
黄=中央=土=信:信頼、知人・友人を大切にする
白=西=金=義:義務や決まりを守る
黒=北=水=智:学業の向上

青は昔は緑も青としていたので昔の意味では同じ色です。

つまり本来はこの意味に乗っ取った願いを書くのが良いです。

黒は縁起物には適さない色とされ
黒と近い色とされる紫が使われるようになります。

また紫は高貴な人が使える色であり
色の中では最高クラスの色とされています。

元々はこの色に沿った願いを書いていたんですね。

まとめ

今回の七夕の記事はどうだったでしょうか?

七夕は当て字だったり本来の裁縫の上達という意味が
時代の変化によりかわってきたということがわかりました。

短冊の色も本来は徳の高い意味があったのに
今ではなんでも好きな色に書くように変化しています。

時代の変化でその時代に即した行事に少しづつ変化してるということは
現代は願いはなんでもあり徳をつまなくても良しという考えに変化している
ということなんでしょうか?

自分は昔の方々の思いを再考したいと感じました。
徳を積んでこの記事が誰かの役に立つように笑

最後まで読んで頂きありがとうございます。

 Sponsored Links