寒露とは?24節気に十三夜!紅葉に旬の食材!この季節を知れば楽しくなる。

寒露とはなんだと思いますか?
正直、私は冬の露みたいなものかなと今までは思っていました。

日本の四季をもっと楽しみたいという思いから
今回は寒露についていろいろ調べたので
よかったらぜひ読んでいってください。

 Sponsored Links

そもそも寒露って何?

日本に24節気というものがあります。
1年を24に分けたもの
中国の黄河付近で今から2600年前に誕生した暦です。

日本は昔の暦(太陰暦)は月の満ち欠けを基準にしていて
月の満ち欠けの期間が29.5日なので
それだと少しづつ四季のズレが生じるの
24節気になったそうです。

 

昔の方は農業や生活の目安として利用していたそうです。
今は季節を感じる目安としての意味が強いです。

その24に分けたうちの1つが「寒露」です。
季節を表す言葉なんですね。
期間は現在は10月8日から次の節気の「霜降」の前日10月23日の15日間です。
10月8日だけを「寒露」と呼ぶ場合もあります。

また寒露の意味
晩秋から初冬にかけての、霜になりそうな冷たい露
草花に冷たい露が宿る
露が寒冷にあって凝結しようとするなどです。

草花の露が寒さで凍る手前の時期という意味もあるが
この時期に草花につく露そのものを指す場合もある。

ちなみに秋の節はこんだけあります。

立秋:8月7日頃から処暑前日まで
処暑:8月23日頃から白露前日まで
白露:9月7日頃から秋分前日まで
秋分:9月23日頃から寒露前日まで
寒露10月8日頃から霜降前日まで
霜降:10月23日頃から冬の立冬前日まで

寒露の季節には何がある?

寒露の季節は秋の長雨も終わり秋が深まり始める時です。

もみじの紅葉農作物の収穫も行われは満開にコオロギなどが鳴き始めます。
ツバメなどの夏鳥とツグミガンなどの冬鳥が渡り交代される時期でもあります。
秋の始まりを表す節目であり俳諧(はいかい)では秋の季語にもなっています。

また大気の状態が安定して空気が澄み秋晴れの日やまた月や星を眺める
絶好のシーズンになります。

 

月見と言えば9月中旬の十五夜は有名ですが
その次に美しいとされる十三夜10月13日前後にみられます。

十三夜は別名「栗名月(くりめいげつ)」「豆名月(まめめいげつ)」
と呼ばれていてこの時期に旬である栗や豆をお供えするそうです。

秋の味覚としては

えのき 椎茸 しめじ なめこ 松茸 舞茸 銀杏 さつまいも 里芋 山椒 ニンジン

じゃがいも かりん 栗 柿 鮭 太刀魚 秋刀魚 いくら 毛蟹

などが有名です。食べたくなってきますね^^

寒露のおススメの過ごし方

どんどん寒くなっていく季節なので衣替えのシーズンになります。
10月10日が体育の日なので運動会などもあります。
お弁当が一番すきだったなー

をみながらお弁当 紅葉をみながらお弁当などもよいですね。
お弁当ばかりですいません^^

空もきれいで空気が澄んでいるので
鳥を眺めては渡り鳥かなと思ってみたり
星を眺めてみたりしてみてはどうでしょうか?

 

私としては十三夜旬の料理片手に
一杯やることを毎年の家族イベントにしたいと妄想してます。
もちろん長らく彼女すらおりません^^

たまにの贅沢に松茸 いくら 毛ガニなども良いですね。

まとめ

寒露の季節の記事はどうでしたか?

私個人は記事を書きながら
どんどん食欲の方に走って行っていたと思います。

寒露の季節を少しでも好きになって
みなさんがそれぞれ楽しんで頂けたら幸いです。

 Sponsored Links