彼岸の入り 2016年はいつ?仏教が関係してた由来お供え物は?ぼたもちおはぎの違い

彼岸の入りと聞いてみなさんは何を思い浮かべるでしょうか?

いつなのか? そもそも何?  何をすればよいの?

でも実際に子供とかに聞かれたら
説明ができないですよね?

そもそも彼岸の入りって

いつなんでしょうか?

 Sponsored Links

毎年日付が変わる?お彼岸は2回ある!

春分の日」と「秋分の日」を中日として
その前後3日間をお彼岸と言います。計一週間です。

その一週間の最初の日を「彼岸入り・彼岸の入り」といい
その一週間の最後の日を「彼岸明け・彼岸の明け」といっているんですね。

秋と春にあるので「春彼岸」「秋彼岸」と言います。

 

なので今年のお彼岸は

春彼岸

3月17日(木)彼岸の入り

3月20日(日)彼岸の中日(春分の日)

3月23日(水)彼岸の明け

秋彼岸

9月19日(月)彼岸の入り

9月22日(木)彼岸の中日(秋分の日)

9月25日(日)彼岸の明け

となります。

 

 

そもそもお彼岸って何なの? 仏教が関係してるんだって でも日本だけらしいよ

彼岸という言葉は、サンスクリット語の「パーラミター(波羅蜜)」の漢字の訳をした

「到彼岸」の略です。

元々仏教用語で

煩悩に満ちたこの世である此岸(しがん)を離れて修行を積めば
煩悩のない悟りの境地に達した世界(彼岸)に到達する

という意味をもっています。

此岸は現世で彼岸はあの世です。

 

太陽が真東から昇って真西へ沈む春分秋分の日の前後3日間
彼岸(あの世)に近づける期間と考え
この時期に修行すれば極楽浄土に行けるとされてました。

日本では、昔から神道と仏教が主に取り入れられてきた歴史があります。

春に種をまいて秋に収穫する。

自然に対する感謝が先祖を感謝する気持ちにもつながり季節の変わり目である春分の日と秋分の日に先祖を供養する日となっていったようです。

日本の歴史が絡み合って

日本独特の先祖を供養するという意味も追加されていったんですね。

 Sponsored Links

お彼岸のお供え物は? 春分と秋分の日で違うんだって?知ってた?

お彼岸のお供え物は一般的には
春にはぼたもち、秋にはおはぎです。

これは春の牡丹の季節にぼたもちを食べ
秋の萩の季節におはぎを食べるからです。

秋に収穫される小豆はやわらかいことからつぶあんで
春に収穫される小豆は皮が固いことからこしあんとなっています。

まあでも絶対というわけではないです。

お線香をあげるだけでも良いですし

果物やお菓子

四季折々の花 故人の好きだったもの

などでも大丈夫です。

やっぱり故人を思う気持ちが一番大事なんではないでしょうか?

お彼岸の歴史を知ってどうだったでしょうか?

日本の文化や歴史の中で少しづつお彼岸のとらえ方が変わり今でも日々進化してます。

今回の記事を読んで少しでも今年のお彼岸はいつにも増して故人を思ってくれる気持ちが強くなってくれたら幸いです。

 Sponsored Links