文化の日とは何をする日?由来や意味は?明治天皇やGHQが関係していた!?

祝日は学生やサラリーマンにとっては休みになることが多く

私自身も子どもの時は休みになるので嬉しかったです。

子どもの時は全然意識しませんでしたが
大人になると祝日にはそれなりに意味や由来があり探求していくと面白いです。

今回は「文化の日」について調べてみました。

でもこの文化の日ってとっても漠然としていて

何をする日なの?って思いますよね!

由来や意味を知って自分なりにどう過ごすか考えてみてはどうでしょうか?

子どもの質問攻撃にも意味や由来を知ってると役に立つことも多いです。

私自身も色々調べる中で日本人としてや生き方まで
考えさせられるいい機会になりました。

大変興味深い内容だったので紹介していきます。

 Sponsored Links

一般的な文化の日の意味は?

64487922d159161660372b95af8a1ead_s文化の日は11月3日です。

祝日の法律(祝日法)によると

文化の日は
「自由と平和を愛し、
文化をすすめる」
となっています。

自由と平和を愛するのはわかりますが

文化をすすめるって難しいですね!

なので文化という言葉を調べてみました。

ただ文化の意味はとても奥が深く理解するには

かなり探求しないとわからないみたいなので

ココでは簡単にまとめてみました。

興味のある方は文化について研究してみると面白いかもですよ。

簡単な言葉でまとめると

 

人が作り上げた生活様式 自分達の手で作り上げた成果 集団の持つ癖

特徴 習慣

 

といった所でしょうか?

もう少し詳しく説明すると文化は3つに分類できます。

1つは物質的文化

人間が地球に存在するものに利用価値を見つけて一定の技術を加えたもの

衣服 食べ物 住居 道具 機械 建築など

要約すると色や形で決める文化

これが様々な地域や国 環境によって変化する。

2つめは精神的文化

言語や学問 芸術や宗教など

人間が精神探求の中で作り出した文化

物質的文化とは違い見た目ではわからないが

精神的文化の創造や伝達により社会は豊かになってきている。

3つめは制度的文化

法律や慣習 道徳などなどのように
人間の社会生活や行動面を具体的に規定している文化

確かに国によって法律は違うし慣習も違います。

いろんな世界の文化を知ると視野や考え方の幅が広がりそうですね。

文化とは生活を豊かにするためのものであると言えます。

これからも文化の探求は進んでいくと考えられます!

つまり文化をすすめるとはみる視点によっては
なんでも大丈夫であることがわかります。

自分が良いと思うものや考えなどを少し調べて
人に勧めてよいのではないでしょうか?

ただこの「自由と平和を愛し、文化をすすめる」は建前であるとする説があります。

それには戦後のGHQと日本との戦いがあったとする説です。

文化の日の由来を紐解いていくと日本の文化を守ろうとした日本の姿がみえてきます。

 Sponsored Links

 

文化の日の由来は?天皇やGHQが関係してた?

d237575311503b372c576fe9ded9e516_s1 一番有力な説

一番有力な説である文化の日の由来は11月3日は日本国憲法が公布された日であり

日本国憲法が平和と文化を重視したものなので文化の日となったとする説です。

感の良い方はお気づきかもしれませんが日本の祝日には憲法記念日も存在します。

この憲法記念日と文化の日の違いは

憲法が公布された施行されたかの違いです。

公布が文化の日で施工が憲法記念日です。

公布と施工の言葉の意味の違いは

公布がこんなものが出来ましたと伝えることで

施行が日本国憲法が実際に法として機能しだすという意味です。

つまりまず国民にこんな法律が出来ましたと伝えることで

国民全体に知れ渡るように半年間猶予を与え

半年後の5月3日に実際に法として機能させました。

この日本国憲法が平和と文化を重視していた為文化の日となったとする説があります。

2 もう一つの説 GHQ陰謀説

個人的にはこの説がしっくりきました。

日本国憲法が作られる前は大日本帝国憲法という憲法がありました。

この時代には日本国憲法とは違う祝日がたくさんありました。

しかし戦争で負けた日本はGHQの監視の元、日本国憲法が設立され

その時に日本古来の祝日は変えられてしまいます。

元々11月3日は明治節という祝日がありました。

この明治節とは明治天皇の誕生日です。

明治天皇が亡くられた後に明治天皇の誕生日を祝日にしたいとの国民の声が高まり

明治節はできました。

この時代の天皇は日本国民の中でかなり重要な位置づけにありました。

今ほどの多様な社会ではなく

天皇を信じる気持ちや神道を信じる日本の心から信じる信念は
GHQにとって脅威でした。

負けるとわかっても自分の死を捧げてでも

捨て身の攻撃をしてくる日本を恐れていたのです。

戦争には負けたがいづれこの国民はまた
私たちの脅威になるかもしれないと感じたGHQは

天皇や神道に関する物を徹底的に排除しようとします。

その中で明治天皇の祝日である明治節を排除します。

そして日本国憲法がGHQの監視の元作られる中で

 

当時の首相である吉田茂は11月3日は形を変えてでも祝日にしたいとの思いから

文化の日としたとされています。

 

今になっては確認する物がないので推測になってしまうそうですが

この話が本当だとすると確かに

今の日本国民はその時ほどの脅威はなくなってしまったかもしれません。

これがもう一つの説です。

文化の日は何をする日なのか?

cde59c4082f5ec8bb6efdb34498be252_s文化の日って何する?というと一般的には特に決められているわけではありません。

ただ意味や由来を知るとその事を考え過ごそうかなと思うのではないでしょうか?

文化の日は日本の至る所で文化に関する催事や式典が催されます。

文化庁が行う芸術祭は有名ですね。

また博物館や美術館などは無料になっているところがほとんどなので

訪れてみてはどうでしょうか?

また文化の日には文化勲章の授章式が毎年行われます。

文化勲章を文化や芸術 学問などで毎年活躍した人たちに天皇陛下が授与します。

今年の顔である人が毎回並ぶので
家族でTVを観てみるのもよいのではないでしょうか?

これからも日本は様々な分野で文化の発展を目指していくと思われます。

このような日だからこそ文化という事を考え国民1人1人が意識し行動してくれたら

日本はますます魅力的な国になっていくと思います。

何をするかはこの記事を読んでそれぞれが考えてくれたら良いと思います。

さいごに

af5dd3a68757d49488515c70ce3a200c_s文化という言葉は奥が深く一言では表せない事がわかりました。

しかし文化の日が出来た由来を調べていくと

日本の文化である天皇をあがめる気持ちや
日本を守っていこうとする誇りが見えたように感じました。

そのような気持ちでいた過去の先人の気持ちを感じると

日本人としての気持ちが少しは芽生えたような気がします。

時代は違いますが現在も文化を発展させる活動を
それぞれ個人がやっていると捉えることもできます。

そのように捉えてみると国民一人一人が頑張っていくことが

これからの新しい文化をどんどん作っていくんだなと感じることができました。

私自身ももっともっと頑張っていこうと思います。

最後まで読んで頂きありがとうございます。

 Sponsored Links