映画の日とは?子供料金は損になる!一番お得な映画の見る方法

みなさん映画の日があるってのはご存知でしょうか?

毎月1日が映画の日と思ってる方も多いと思います。

正式には12月1日映画の日です。

この日が一番お得に映画が見れる日でもあります。

そんなお得な映画の日ですが子供料金はどうなるの?
一番お得な方法やその他のサービスを今回は紹介したいと思います。

 Sponsored Links

映画の日とは?12月1日になった適当な理由とは?子供はさらにお得になるの?

日本で最初に映画が公開されたのはb6de7b98804d50ef2476a650589a2919_s
1896年に神戸にある[神戸倶楽部]という場所で11月25日から11月29日
一般公開されました。

その60年後に
日本映画連合会(今では日本映画製作者連盟)が
6月29日に総会で12月1日映画の日と制定した。

なぜ12月1日になったかというと
最初に映画が公開された11月25日より
12月1日の方がキリが良くて覚えやすいから

なんとも緩い発想で映画の日は決まったみたいです。

まあこんな感じで決まった映画の日でありますが

やっぱり現代人が気になるのはお得なサービスではないでしょうか?

特にお子さん連れの家族の方たちは
みんなで映画を見に行くことも多いんではないでしょうか?

 

 

じゃあ子供料金はどうなるの?

 

ずばり結論からいえば高くなります。

 

 

 

三才以上から小学生までは1000円のとこも多いんですが
800円や900円の所も多いみたいです。

詳しくは自分が行く映画館のホームページで確認してください。

800円や900円の子供料金の所では
この映画の日一律1000円なので100円から200円値上がりしてしまいます。

まあでも子供だけで行くなら損になるんですが家族で行く場合は
大人が1000円で見れることはまあないのでトータル的にはお得になります。

 Sponsored Links

その他の一般的なサービス1000円から1100円を狙え!

ここでは初歩的なサービスの説明をします。
前売り券などもあるんですが値段的にお得感がなかったりします。
基本的に1000円から1100円でみれればお得です。

株主優待ではもっと安くみれるんですが難易度が高いので相当な映画好きの方は
チャレンジしてみてください。数百円で見れるみたいですよ。

まずは通常料金の確認です。
だいたいの映画館がこのような料金になっていると思います。

大人 1800円

大学生 1500円 (学生証必要)

三歳以上から高校生 1000円(中学生と高校生は学生証が必要)

障害者 1000円(障害者手帳が必要付き添いの方1名は1000円に)

3D作品の場合 +300円(3D眼鏡を持ち帰れる所は+400円の所もある。)

では一般的な割引サービスを見ていきます。

シニア(60歳以上の方) 1100円(要証明書)

夫婦50割引 二人で2200円(夫婦どちらかが50歳以上で同一上映を見るとき証明書が必要)

レイトショー(20時以降上映作品) 1300円

ファーストショー 1300円(土日祝を除く各1回目の上映やってないとこも多い。)

レディースデイ 1100円(水曜日にしてるとこが多い)

メンズデイ 1100円(かなり少数派男性はなかなかサービスがないです。)

ファーストデイ 1100円(毎月1日)

映画の日 1000円(12月1日のみ)

各映画館のサービスデイ 1100円(それぞれの映画館が毎月何日かをサービスしている。自分の行く映画館のホームページで確認してください。)

ざっとこんな感じです。
見た感じ1000円で見れればお得で
1100円を狙うのは比較的にできそうですね。
大人の男性で60歳未満の方は難しいですが
サービスデイやファーストデイを狙ったり
レイトショーあたりが無難かと思います。

一番お得な方法

今回映画に関する情報を調べる中で見つけた一番お得な方法を教えます。

株主優待を狙う方法は株をやっている人にはかなりお得なので
おススメですが初心者にはハードルが高いです。
基本的には1000円から1100円で見るようにして頂ければお得になります。

さらにお得にさせる方法もあります。
ただこれは絶対ではないので宝探しゲーム感覚であればラッキーな方法です。

その方法とは金券ショップで映画の前売り券を狙うです

前売り券は映画の公開前に発売される映画のチケットです。
なんらかの理由で売りに出された前売り券が
金券ショップに売っていることがあります。

前売り券には有効期限があったり
人気のない映画のチケットは格安で売っていたりすることもあるみたいです。
基本的には1000円前後の値段みたいですが
いろんな条件が重なり50円などのチケットもあったりするみたいです。

映画に行く前に余裕のある方は近くの金券ショップに寄ってみてください。
みたい映画のお宝チケットに出会えるかもしれないですよ^^

映画はとても良い娯楽だと思います。
ただ先進国の中で日本は映画の料金が高いみたいです。
ほかの国では500円から600円で見れたりするそうです。
なぜ高いのかというと他の国に比べると日本は映画にいく人が少ないみたいです。
映画業界を支えていくためにはある程度仕方がないみたいです。

映画がすきな人が増えて映画料金も安くなる好循環が生まれるとよいですね。

まあそうならないうちは庶民は少しでもお得に節約をして
何か違うことに使っていきたいですね。

後1000円や1100円で映画を見る場合は証明書などが必要な場合が多いので
映画を見る際は忘れないように注意してください。

 Sponsored Links