端午の節句とは?由来や意味は?なぜ鯉のぼりは鯉なのか?こどもの日?

端午の節句をご存知でしょうか?

日本にある5節句の一つで現代では「こどもの日」と呼ばれています。

今回は端午の節句の由来について解説したいと思います。

端午の節句に行われるこいのぼりや兜や鎧をなぜ飾るのか?
なぜちまきや柏餅を食べるのかについても調べてみました。

調べてみると面白い発見があったり行事に対する意識が変わったりしたので
みなさんもぜひ読んでみてください。

 Sponsored Links

そもそも端午の節句とは?意味や由来!広まった流れ!

まずは端午の意味から解説していきます。

はじや隅っこや始まりを意味しています。

は干支で午(馬)を意味しています。

十二支と月の関係は以下の通りです。

子(11月)丑(12月)寅( 1月)卯( 2月)辰( 3月)巳( 4月)
午( 5月)未( 6月)申( 7月)酉( 8月)戌( 9月)亥(10月)

つまり端午とは5月のはじまりを意味しています。

そして午(ご)が五(ご)という発音が同じことから5日を指すようになり
奇数が重なるのはおめでたいとする考え方から5月5日になったようです。

奇数が重なるのがおめでたいとする考え方は他の節句にも取り入れらています。

奈良時代以前までは端午の節句は日本では女性が行っていました。

「5月忌み」という風習があり田植えの時期の5月に早乙女という若い娘たちを
小屋や神社に籠らせ穢れを祓っていました。そして稲の神様に豊穣を願ったのです。

そして各々の家では邪気を祓うとされている薬草の蓬(よもぎ)菖蒲を軒に挿すことで
厄災から守られ穢れを浄化できると考えられていました。

なので端午の節句は別名「菖蒲の節句」とも言います。

鎌倉時代になると宮廷で長らく行われていた端午の節句は廃れていきます。

武家政治になり武士が中心の政治が行われます。

武道を重んじる「尚武」「菖蒲」が同じ読み方であることや

菖蒲が剣の形を連想させることから武士の間で端午の節句が再燃します。

武士の中で再燃したのでここで鎧や兜など男の子の成長や健康を祈るようになりました。

江戸時代になると幕府が公的行事と定めたので広く庶民の間にも広まりました。

このように日本の中で端午の節句は広まっていきました。

次は端午の節句に行われる鯉のぼりを上げる理由やちまきや柏餅を食べるのか?
鎧や兜を飾る理由を紹介していきます。

なぜ鯉のぼりをあげるの?

のぼりをあげる習慣は元々武士の家に男の子が生まれると
家紋が書かれた旗やのぼりをあげる習慣に由来します。

少し裕福な町人などがこれを真似し鯉のぼりをあげるようになりました。

なぜ鯉なのかというと中国の故事に由来します。

「黄河の急流に竜門という滝がありその滝を登ろうといろんな魚が挑戦するが登れず
登れたのは鯉だけで登った鯉は竜になった。」

という故事から来ています。

登竜門という言葉もこの故事からできた言葉です。

鯉は泥など汚い環境でも生きていく生命力や
竜になった鯉のようにたくましく出世してほしいという願いが込められています。

 Sponsored Links

なぜちまきや柏餅を食べるの?

柏餅が食べられる理由は柏の木の縁起の良さから来ています。

柏の木は新しい芽がでないと古い葉が落ちないことから
子孫繁栄に良いとされてきました。

神社や神棚に手をパンパンと音がなるように合わせる行為を柏手(かしわて)と呼ぶのは
この柏の木の縁起のよさからきています。

これらの理由により柏餅が食べられています。

粽(ちまき)が食べられる理由は
川に身を投げて死んだとされる屈原という男の霊が供え物をくれるのはありがたいが
悪龍に供え物を盗まれることから悪龍の嫌いな楝樹の葉で餅を包んだ物を
5色の糸で縛ってほしいと頼んだという伝説が元になっています。

また中国では粽(ちまき)は忠誠心の象徴とされています。
このような考えが伝来し
わが子に忠義の人であって欲しいという願いから粽を食べるようになったといわれています。

鎧や兜をなぜ飾るのか?5月人形の意味は?

武士政治により再燃した端午の節句b8817a6f3e6cfff457b4123c45bdc847_s

武士にとって鎧や兜は命を守る道具
として使われていました。

このような事から
わが子に身の危険が及ばず
健康に暮らしてほしいとの思い
から飾るようになったのです。

5月人形は
主体となる人形のような人物に成長してほしいとの思いから飾るようになりました。

このように昔の人は子供の成長への思いをいろんな形や形式にして祝っていたんですね。

まとめ

今回の記事はどうだったでしょうか?

端午の節句という一つの行事だけでもたくさんの歴史があり

なんの意味があるのかわからずに行事を行うよりも昔の人の思いを知って
行事を行うだけでも意識が変わるのではないでしょうか?

決まりだからと押し付ける考えが自分は昔から嫌いだったので
何事も理由があるはず。

これからもいろんな理由を記事にしていこうと思います。

読んでくれた方ありがとうございました。

 Sponsored Links