部屋の片付けのコツは?お気に入りのコツをみつけて習慣化するだけ!

あなたは自分が思い描く生活をできていますか?

おそらくこの記事を見ているあなたは片づけに対して
向上心を持っている人だと思います。

今回のテーマである「部屋の片づけのコツ」について
まずは「やろう」と思うことが大切です。

向上心を持っているあなたはまずそこをクリアしてます。

この記事を読んでしっかり実践すれば常に部屋がきれいで
自分の思い描くライフスタイルが送れるようになります。

ものすごいワクワクしませんか?

部屋が片付くと一日のはじまりから気持ちの良いスタートをきれるので
すべての面においてプラスしかないと思っています。

そんな人生の基本である片付けを向上させてもっとハッピーになりましょう。

 Sponsored Links

片付けの心構え

これからいろいろな片付けのコツを紹介していきます。
片付けができる人になるには
そのコツを自分の片づけルールにすることです。

人間は忘れる生き物なので
習慣化するまでは壁などにルールを書いた紙などを貼って毎日意識するように
心がけてください。

片付けは毎日5分でもやってください。
習慣化すれば何も意識することなく自然と片付けする体質になっていきます。

最初から完璧を求めず一つでも意識して
慣れてきたらどんどん片付けのコツを取り入れて下さい。

いつのまにか部屋がきれいであることが当たり前になっていますよ。

 Sponsored Links

 

片付けのコツ

床に物がない状態にする。
片づけられな人は床にものをおく癖が多いものです。
床に物がない状態にするをルールに入れてみてください。
掃除機もかけやすくなりますよ。

一日一カ所で良いので整理する。
一度に全部をしようとすると相当の時間と根気が必要です。
一度にすべてやるより「毎日少しづつする」のを
習慣化させた方が気が楽です。

いらないものを捨てる
片づけられない人の特徴でよくあるのが物が捨てられないです。
物や思い出や過去に執着しやすい人です。

ものがどんどん増えるので片付けようにも片付けられなくなります。
部屋がきれいな人の多くはシンプルな暮らしをしています。

自分の部屋の収納スペースを考え一年使わなかった物は捨てるなどして
まずは物をすっきりさせて下さい。

思い出の品は写真に残したり
過去に執着している人は常に生きているのは今
ということを意識するとよいですよ。
今を充実させていきましょう。

保留の箱ととりあえずBOXを使う
物を捨てようとするときどうしても迷ってしまう人は
保留の箱を用意して下さい。
ごみと判断できなかったもの保留の箱にいれて
最低でも半年に一回はチェックして下さい。
あふれる前に判別してください。

とりあえずボックスは知らぬ間に増えていくゴミに役立ちます。
普通に生活していると自分で買わなくてもいろんなものが増えていきます。
そういうものの判別がすぐできないときにはとりあえずBOXにいれて
一週間に一度ほど確認してください。
こちらもあふれる前に判別してください。

段ボールなどの大きくて安価なものが良いですよ。
インテリアにこだわりのある人はこちらもおすすめです。
自分も使っています。

物の定位置をきめる
いらないものといるものに分けたらいるものの位置を決めていきます。
できるだけ物の種類ごとにわけてください。
(衣類 文具 本etc)
そして使ったらすぐに元の位置に戻してください。
こうすることによって簡単にはちらからないようになります。

収納スペースを作る
外見だけきにするのではなく中身もきれいにしましょう。
収納がきれいな人を目指してください。
収納方法などで調べればすぐ出てきます。
自分に合った方法をためしてみてください。

好きなものだけを大事にして不必要なものは買わない。
片付けができない人は物が多い傾向があります。
自分がインテリアとして気に入ってるものだけを使い
見た目が好きじゃないものはお洒落な収納を買ったり
お洒落な物に変えたりしてください。

自分が良いと思ってるものだけに囲まれる生活は
ハッピーな気持ちになりますよ。

 

 

〈まとめ〉

今回の記事はどうだったでしょうか?

簡単に言えば片付けのコツを一つずつ自分の物にしていくだけです。

ただ習慣を変えるのはすごく難しいことなので
意識しなくても出来るようになるまでは
何か見えるところに片付けのコツをまとめたものを貼っておいてください。

映画でみたすてきな部屋や自分の理想の部屋に少しづつでも目指してください。
自分の理想とする部屋になれば本当に気持ちがよいですよ。

少しでもこの記事が役に立ってくれたら幸いです。

 Sponsored Links