針供養っていつ?なんで豆腐に刺すの?日本人の優しい心遣いがあった!

針供養をご存知でしょうか?

呼んで字のごとく針を供養するという意味です。

豆腐にカラフルなマチ針を
刺している様子はアートにも見えます。

そんな針供養はいつ行われるのか?

針供養の由来は?

なぜ豆腐に刺すのか?
などについて紹介したいと思います。

知れば物を大事にしたくなりますよ。

 Sponsored Links

針供養って何?いつ行われるの?なぜ豆腐?

昔の女性は針仕事が大事な仕事の一つでした。12e41f075281e8e6fc60a3522957cba8_s

今の時代とは違って服が破れたりしても大事に針で塗ったりして
大事に物を扱っていました。

針供養はその時に活躍してくれた針に対して感謝の気持ちをこめて供養していたそうです。

それを豆腐やこんにゃく、餅などに刺して供養していました。

なぜ豆腐やこんにゃく、餅なのかというと
今まで固い生地に刺してきた針の心労を思い
最後はやわらかい所で成仏して下さい。
との思いからです。

昔の日本人の心遣いがとてもわかりますね。
昔は各家庭で行われていましたが時代の変化とともに
針を使う機会が減り廃れていきました。

また地域によっては針を刺した豆腐などを海や川に流したり
土に埋めたりするとこもあったそうです。
今は針供養が行われている寺社で針を持っていき
供養してもらうのが一般的です。

針供養が行われているのは和歌山市の淡嶋神社(栗島神社)が起源で
淡島神を祭る堂である淡島堂と栗島堂がある寺院で行われています。
全国各地で行われているので調べてみてください。

その針供養はいつ行われるのかというと結論から言うと

12月8日2月8日です。

この日は年中行事の一つである[事八日(ことようか)]です。

事八日には妖怪や悪神から家を守るために
目籠などを戸口や軒下に掲げ魔除けをしたり

田の神 山の神 大黒 恵比寿 薬師如来が訪れると言われ
この日は団子 餅 赤飯などを家に備えて歓迎したりした。

農作業をしてはならないや山に入ってはいけないなどの決まり事があり
その日常的に行うことを控える事によって
穢れを避けることができると信じられていた。

この行事の一つに針供養も入っている。

 Sponsored Links

針供養がなぜ事八日に行われようになった由来は?

事八日をもう少し詳しく説明します。b4fa83a1b562d8a5aeff382f086dbc5f_s
12月8日と2月8日のどちらかを事始めまたは事納めと呼んでいた。

[事]の意味は農作業とする場合が主であるが
関東や地域によっては新年の祝い事とする場合もある。

地域により事始めと事納めは逆になったりもするが

事始めには農作業を始め
事納めには農作業の仕事を終える

という意味がある。

事八日は日常的な農作業を控えることによって穢れを避けてきた。

そんな日になぜ針供養が行われるようになったのかというと

一つは女性にとって針仕事は日常的な仕事の一つであった。

日常的な事を控える日でもあるので針仕事をやめ
お世話になった針に感謝する
のは自然な流れだと思う。

また日本は昔から中国の風習を日本古来の風習と掛け合わせて
独自の風習を作ってきた。

江戸時代に中国から
[社日に針線を止む]という考えが日本に伝わったとされる。

これの意味は

生まれた地の守護神を守る日(社日)に針仕事(針線)を止めるです。

この考え方と
淡島神社の女神である婆利塞女(ばりさいじょ)の名前が
針仕事と結びついたとする説

この二つが結びつき針供養が行われるようになったと考えられています。

針供養は季語にもなっている!

針供養って季語になってるって知ってましたか?

全然自分の乏しい想像力では
どのような意味をもつのか想像できません。

使う季節は立春である2月8日大雪である12月8日なので

冬と春を表す季語として使われます。

意味としては
着飾った婦人や職人が針を持って神社にくる華やかな様子

カラフルな待ち針が豆腐やこんにゃくに刺さった様子

針に感謝する人のまごころなどを一言で連想させるそうです。

俳句の世界は奥が深いので興味を持った方は
チャレンジしてみて下さい。

今回の記事はどうだったでしょうか?

私は針供養の歴史を知り

日本人に失われている心みたいなものを感じることができました。

行事に対しても決まり事だからと心を閉ざすのではなく
行事の歴史を知ってその行事ができた思いに耳を傾けてみるのも
よいかもしれないですね。

 

物が入れ替わる社会ですが感謝の気持ちを
少しでも持って全ての物に感謝していこうと思いました。

 

 

 Sponsored Links