七夕の話を子どもに説明するには?わかりやすく簡単に説明しよう!

107217

七夕といえば織姫と彦星の話が有名です。

保育園などでも紙芝居や絵本などで子どもに読み聞かせるので

好奇心旺盛な子どもの質問がバンバン飛んでくるかもしれません。

でも七夕の由来などは小難しい話がいっぱいで

子どもにそのまま説明しても難解なものばかり

そこはやっぱり大人として子どもにかみ砕いて

説明したいですよね?

今回は子どもでもわかるように七夕について紹介したいと思います。

織姫と彦星の物語(七夕物語)を簡単に説明しよう!

433760

七夕の由来についてご存じですか?

七夕物語は元々中国から伝来したお話です。

大人でもちゃんと調べないとわからないですよね?

詳しく知りたい方はぜひ読んでみてください。

子どもに七夕を教えるときに一番簡単な方法は

織姫と彦星の話を話すことです。

元々は裁縫の上達を願う行事で中国から伝来して
歴史とともに必要性に応じて変化してきた!

なんて説明をしても子どもはわかりません!

織姫彦星の話もそのまま話すとわかりずらいので
子どもがわかりやすいように説明しましょう。

織姫と彦星の話を簡単に説明すると

昔々天の神様の娘である織姫という女の子がいました。

織姫は服を作るのが大変上手で
服を作る仕事を一生懸命してました。

 

織姫の作る服は大変丈夫でしっかり作ってあったので
周りの人たちにも感謝されていました。

織姫は仕事をするのが幸せでした。
ところが仕事ばっかりする織姫を天の神様は心配して結婚を勧めます。

 

最初は反対していた織姫ですが父の申し出を受け入れます。

父である天の神様はお婿さんを探しに行きました。

 

なかなかいい人がみつからなかったんですが

西の国に牛飼いで大変働き者の彦星という男を見つけてきます。

織姫と彦星は一目で恋におちて二人は無事に結婚しました。

ところが結婚してからいうもの

二人は一緒にいるのが楽しくて

全然働かなくなってしまいます。

それに怒った天の神様が二人を天の川を挟んで離れ離れにします。

ところが今度は会えなくなってしまった彦星と織姫は毎晩ないて仕事をしません。

かわいそうと思った天の神様は7月7日だけ一生懸命働くことを条件に天の川に
カササギの橋を作り会う事を許します。

それから二人は7月7日に会うために
一生懸命働くようになりました。

 

簡単に説明しましたが七夕物語はこんな感じです。

この話は主に二つの事を伝えようとしています。

1つ目は一生懸命働かないと天罰が下る。

2つ目は一生懸命頑張れば好きな人と結ばれる。

子どもには好きな事ばかりしないで子どもの仕事である勉強をがんばろうねとか
いってみると良いと思います。

「七夕の話を子どもに説明するには?わかりやすく簡単に説明しよう!」の続きを読む…

七夕の由来や意味は?短冊に願い事を書くようになったのは人間の強欲?

38b9ed5485afe88f442d9df84915bd04_s

毎年7月7日は七夕です。

現在では彦星織姫の話や
短冊に願い事を書くのが一般的になっています。

彦星と織姫の話は恋愛が主にとりあげられますが
本意は違うことを伝えています。

短冊に願いを書くのも時代と共に変化していきました。

由来や意味を知って新たな思いで
七夕を迎えてみてはどうでしょうか?

「七夕の由来や意味は?短冊に願い事を書くようになったのは人間の強欲?」の続きを読む…